FC2ブログ

サイクルショップ PALM

パシフィック ディーラー ミーティング 2018!(後編)

では後半です。

ギャラリーを鑑賞した後、工場 3階の空きフロアに招かれます。

先程 「新機種プレゼン」 で発表があった、E-BIKE BIRDY (電動アシスト車)の最終試作品のお披露目 & 試乗会

20181105zj.jpg

パッと見 通常の BIRDY と変わり映えしない外観です

良く見ると リアハブ に モーターユニット は確認出来ますが、バッテリーが見当たりません

20181105zk.jpg

パシフィック開発担当者のお話しによると、このリアハブに全てのアシストユニット(+バッテリー)が集約されてるそうです

言い換えれば電動アシストユニットである リアタイヤ (リアハブ) をポン付けした状態で、他はノーマルの BIRDY そのままなんです。。。

バッテリーの充電はハブ軸の先端のキャップを外して プラグイン充電方式

20181105zl.jpg

気になる車重はトータル 14kg だそうで、走行可能距離は 約 35km だそうです

充電残量(走行可能距離)や走行スピード等はスマホからアプリをダウンロードし Bluetooth を経由でモニター表示します

電源起動はペダルを逆回転に 3回まわせば起動し、一定時間使用しなければ停止します。

下り坂等でハブがフリー状態になった際や、ペダルを逆回転させる事で回復充電する機能も素晴らしい

早速、順番に試乗しますが皆さん帰って来るなり満面の笑み

20181105zm.jpg

私も早速試乗させて頂きましたが、これがまたメチャクチャ パワフル

注) 試乗車の仕様は海外のアシスト設定になります。

もちろん折り畳みも今までの BIRDY と変化なしです。

変速は現在シングルスピードですが、将来的には 5速まで展開したいそうです。

いや~ これは今後に超期待のスクープ・ネタでしたっ


その後、BRICS CAFE で デザート と 紅茶 を頂き、先程の試乗のインプレ品評会

20181105zp.jpg

夜は、パシフィック社との懇親会

パシフィックの創業者 ジョージ会長とカンパ~イ

20181105zq.jpg

沢山の郷土料理をご馳走になり、ビールも浴びる程飲まさせて頂きました

最後は皆さんテンションMAX で記念撮影

20181105zr.jpg

そして最終日は台北サイクル・ショーへ

20181105zs.jpg

台北市街からバスで1時間位で到着。

20181105zt.jpg

入口で受付して、いざ

まずはパシフィック・ブースへ

パシフィックが欧米向けに開発している E-BIKE 「MOVE」

20181105zu.jpg

そして昨日試乗した E-BIRDY もお披露目

モノコック と クラシック と両フレームの揃い踏みです。

20181105zv.jpg

花博を記念した CARRYME の特別カラー

20181105zx.jpg

20181105zw.jpg

REACH も新色発表

20181105zy.jpg

パシフィック社は欧米向けにはカーゴバイクも展開してます

20181105zz.jpg

そして、パシフィックブースで多くの人集りが出来ていたのは

20181105zzb.jpg

TITANIUM ・ BIRDY (チタン ・ バーディー)の発表でしたっ

全世界 200台 の限定 チタンフレーム BIRDY

20181105zzr.jpg

フレーム は クラシック 形状ですが、ジオメトリはもちろん新設計

分かり難いですがメインフレームは 楕円になってます 。

20181105zze.jpg

リアのスイングアームも全てオリジナルの新形状

20181105zzd.jpg

ケーブルのインテーク部分も手間をかけてますっ

20181105zzf.jpg

来年の 5~6月頃のリリースですが、受注は既に開始され即完売必至ですね。。。


その後は時間の許す限り色々物色

ただし広すぎて時間が足りません

20181105zzg.jpg

やはり E-BIKE が世界的な トレンド のようですね。

20181105zzh.jpg

日本はガラパゴス的に世界とアシスト基準が違うので難しいな~

20181105zzi.jpg

この メーカー の ハブ は メチャ軽の高回転でしたっ

20181105zzj.jpg

ストライダの海外仕様ですかね

20181105zzl.jpg

日本ブースも頑張ってましたよっ

20181105zzn.jpg

カラクルの折り畳みサイズは海外でインパクトありました。

20181105zzm.jpg

大阪発 竹を使った ハンドメイド ・ バンブー ・ バイク

20181105zzk.jpg

その他、時間の許す限り会場回って写真は撮りました

そろそろ我々は一足早く帰りのフライト時間のようです。

最後にパシフィック・ブースで記念撮影して皆さんとお別れ

20181105zzo.jpg

会場を後にして、電車と地下鉄を乗り換えて空港へ

20181105zzp.jpg

桃園空港は第二ターミナルを増設し非常に綺麗になってました

2時間半飛行機揺られ、無事帰路につきました

非常に実り多い楽しい出張でした

パシフィック & ファビタ 関係者の皆様、本当にお世話になりました


パシフィック車両で気になる事があれば、お店に来てご相談下さい。

チタン ・ バーディー のご用命があれば是非お問合せ下さい。

全世界 200台 (日本国内では 10台 +α )のプレミアム な チタン ・ バーディーになりますっ

ビビッ と来た方は、このチャンスにどうぞ

ではでは
スポンサーサイト
Pacific Cycles | Comments(0) | Trackbacks(-)

パシフィック ディーラー ミーティング 2018! (前半)

こんにちは

10月29日~10月31日 臨時休業させて頂き、パシフィックさんの ディーラーミーティング に参加しました。

今年は台湾での開催となり嫁と一緒に 2泊 3日の予定で参加させて頂きました。

広島空港から2時間半のフライトです

20181105a.jpg

桃園国際空港から台北市内まで今は地下鉄が走っており便利になってました。

ホテルでチェックインを済ませ、集合時間まで少し街を散策

20181105b.jpg

両替の手数料がお得なお茶屋さんで両替を済ませ

小腹が空いたので教えてもらった有名な飲茶店で小籠包と餃子を頂きました。

20181105zzq.jpg

集合時間となりご挨拶も済ませ、いざ懇親会へ

20181105d.jpg

まずは カドワキ社長のご挨拶で乾杯

20181105c.jpg

皆さんアルコールが入るとワイワイとホントお話しが尽きません

20181105e.jpg

そしてお決まりの二次会へ

20181105f.jpg

先程も散々食べたのに、またまた料理を注文

料理がくるまで、台湾ビールでカンパ~イ

20181105g.jpg

締めのタンツー麺 は マイウ~でしたっ

20181105h.jpg

前日アレだけ飲んでも、皆さん遅れる事なく 8時に出発

20181105i.jpg

パシフィック社の工場までバスで1時間半で到着

20181105j.jpg

工場ですが、一般の方向けのエントランスには雰囲気の良いカフェが設営されてます

因みに 「BRICS CAFE」 の BRICS とは

Birdy
Reach
If
Carry me

の頭文字を取った複数系の造語だそうですっ

20181105zo.jpg

まずは工場を見学をさせて頂きました。

CNCの工作機械でアルミを切削します。

20181105k.jpg

折り曲げ機でパイプを加工

20181105l.jpg

多軸の溶接機やレーザーカット機でアルミを溶接 & カット

20181105m.jpg

専用の定盤治具でフレームをチェックし修正

20181105n.jpg

フレームを脱脂した後にロボットで自動塗装

20181105o.jpg

最後は ベルトコンベア・ラインで組立工程

20181105p.jpg

工場も整理整頓が行き届いており、内製率も非常に高かったです

積極的に最新鋭の工作機械やロボットを導入されてましたっ

この後は サイクリング へ

台湾は車両は右側通行です。

20181105q.jpg

約 10kmほど沿岸沿いを走り目的地へ到着

20181105r.jpg

寺でお参りをして、折り返し走り港へ

20181105s.jpg

ここで昼食タイム

20181105t.jpg

港なのでもちろん海鮮のシーフード料理

20181105u.jpg

ホント台湾は料理が美味しいっ

20181105v.jpg

色々散策し

20181105w.jpg

海岸の海をバックに記念撮影

20181105x.jpg

サイクリング終了

午後からは パシフィック新機種のプレゼン

20181105y.jpg

その後 パシフィック 「 自転車 ミュージアム」 を鑑賞

ミュージアム入口にはパシフィック社の社歴が公開

20181105z.jpg

左のキャリーミーと右の自転車のクランク 1回転の走行距離は同じです。

20181105za.jpg

ミュージアムのコレクションは全てパシフィック会長のコレクションだそうです。

20181105zb.jpg

こちらは韓国 ヒュンダイ の電動自転車

クランクを回した信号をハブに送信しモータードライブを起動し走行

充電が無くなってしまうと、漕いでも進まなくなります。。。

20181105zc.jpg

見た事ない折り畳み自転車がたくさん

20181105zd.jpg

温故知新で学ぶ事も多いな~

20181105ze.jpg

リカンベント ・ トライクもいろいろ

20181105zf.jpg

こちらは CARRY ME の原型モデルだそうです。

20181105zg.jpg

ご存じの方も多い、 OXバイク の 初代 CARRY ME

20181105zh.jpg

こんな未発表の CARRY ME のプロトタイプも展示されてました。

因みに後席にハンドルは無く、前席のライダーの肩を持って走るそうです

20181105zi.jpg

再販して欲しい BD-FROG

右がプロトタイプで左がご存じの市販品ですね。

20181105zn.jpg

ホント凄い量のコレクションでしたっ

時間に余裕があれば1日かけてじっくり鑑賞したかったです。

社内にこんな ミュージアム 作るなんてやっぱ発想が違うな~


ではでは 後半へ つづく
Pacific Cycles | Comments(2) | Trackbacks(-)

「日本 たまごかけごはん シンポジウム」 参加ライド!

こんにちは

10/28 (日) 「たまごかけシンポジウム 2018」 にお友達と参加してきました。

20181103t.jpg

無料バイパス 松江道 の 雲南吉田 IC に集合し、ソコから会場まで 3km ほどミニベロに乗って行って来ました。

20181103a.jpg

行きは下り基調なので スイスイ ですっ

20181103b.jpg

車も少なく快適

20181103d.jpg

20181103e.jpg

朝は肌寒かったですが少し走れば最高のフィーリング

20181103f.jpg

会場へ到着

20181103c.jpg

今年は体育館で開催されるみたいです。

20181103u.jpg

会場では既に多くの来場者が TKG を楽しまれてました。

20181103h.jpg

さっそく我々も

シンポジウム と聞くと堅苦しい イメージ ですが、要は 「TKG の魅力を皆さんで堪能しましょう~」 と企画です。

受付で 300円 払えば TKG が食べ放題ですっ

各養鶏場さんが精魂込めて育てた 「生卵」 が自由に選べて色々食べ比べが出来ます

20181103i.jpg

もちろん 醤油も TKG 専用の出し醤油が色々と選べます

20181103j.jpg

後は具材を自分でトッピング

20181103k.jpg

20181103l.jpg

20181103m.jpg

いや~ 美味しい

舞台会場では各専門家のゲストを呼んで、たまごかけごはん の美味しく頂く秘訣を話されてました。

20181103g.jpg

お腹も一杯になり会場を出ると、隣の会場で別の町イベントが開催されてました。

20181103n.jpg

F さんと M さんは、ここでも別腹で比婆牛を食べられてました。

20181103o.jpg

シッカリ堪能した後は皆さん自由行動で、サイクリングチームとカフェチームに別れて行動

私は F さんと M さんと 3人で 里山 を 30km サイクリング

20181103r.jpg

これが私の調査不足で坂ばっかりで、後半は脚が売り切れてバテバテでした。。。

20181103s.jpg

しかし 3人で ワイワイ 楽しいサイクリングでした

一方、カフェチームは奥出雲のブドウ園でまったりとお喋りし楽しかったみたいです

20181103q.jpg

こちらは既に紅葉が綺麗でした。

20181103p.jpg

参加された皆さん有難う御座いました

また一緒に走りましょう

ではでは

臨時休業のお知らせ!

こんにちは

来週の月曜日~水曜日まで社内研修 の為に臨時休業致します。

10月28日 (日) 定休日
10月29日 (月) 臨時休業
10月30日 (火) 臨時休業
10月31日 (水) 臨時休業

* 11月1日(木)より通常営業させて頂きます。

ご迷惑をお掛けしますが何卒宜しくお願いします

ではでは
店舗情報 | Comments(0) | Trackbacks(-)

ミニベロ ・ ミーティング 2018!

こんにちは

10月21日(日) 今年も瀬戸内サイクルメディア(SCM)様主催の 「ミニベロ ・ ミーティング」 が開催されました。

7月の豪雨災害で広島県では甚大な被害を受け、特に呉市は被害が大きく 「とびしま海道」 もまだまだ完全復旧されてませんが、毎年行われたSCM名物企画故、関係者の方々の尽力により今年も開催される事となりました。

残念ながら ファンライド は中止になり ファン ・ ミーティング(試乗会)だけの開催となりました。

20181023r.jpg

今年は5社のミニベロ・メーカー様がブース出展にご協力下さいました。

【Pacific Cycles Japan】
20181023a.jpg

パシフィックさんは今年メーカー企画の全国キャラバン 「New DISCOVERY」 を、広島県では 「ミニベロ ・ ミーティング」 とコラボし、拡張性豊かなBIRDY ワールドをご来場者様に体感頂きました

【KHS Japan】
20181023b.jpg

KHSさんでは中々試乗する機会の少ない チタンモデル(P-20RTI)から希少なタンデムモデル(T-20)まで、計 8台のミニベロをご用意頂きました

【サイクル ハート】
20181023c.jpg

去年デビューしたパステル全カラーが勢ぞろい

【ANDEX (凪)】
20181023d.jpg

アンデックスさんからは7周年限定モデルの NS-451 competizion が試乗可能

【Daytona Potaring Bike】
20181023e.jpg

デイトナさんは DE01全シリーズを始め、なんと期待の新モデル DE02 と DE03 まで試乗可能

当店ブースでは DAHON から 2019 ニューモデル K3 とTERNからも 2019 ニューモデル VECKTRON と VERGE をご用意しました。


ご来場のお客様は各メーカー担当者さんの深い説明に聞き入り、色々な質問を投げかけられてました。

20181023f.jpg

まぁ こんな機会なかなかないですから当然ですねっ

20181023g.jpg

皆さんこれ見よがしに沢山のミニベロを試乗し楽しまれてましたね~

20181023h.jpg

そしてタイロンさんの名物企画 「ブースにおじゃま訪問」 のお時間

20181023i.jpg

20181023j.jpg

20181023k.jpg

20181023l.jpg

20181023m.jpg

メーカー担当者さんに色々と鋭い質問や開発秘話をたくさん聞き出されてました。

今回、タイロンさんと初出店のブース担当者さんとの深~いお話しは皆さん興味深々でしたね~

メーカーさん以外にも 「おもしろ自転車担当」 の O さんにもインタビュー

20181023n.jpg

今年も沢山の変態自転車を持ってきて頂きイベントを盛り上げて下さいました

20181023p.jpg

以前から試乗したくてしょうがなかったリカンベント

後で少し乗せて頂き、何故か初体験なのに思いのほか直進は問題なくクリア出来ましたが、やはりカーブがメチャ難しかったです。

しかし折り畳みミニベロ ・ リカンベントの熱が再沸しそうです。。。

こちらは Mr. BD-1 さん

20181023o.jpg

後で少し乗せて頂きましたが、本当に見事な完成度の高さにビックリですっ

あと リカンベント ・ トライク でお越し頂いた G さん

20181023q.jpg

沢山の方と ミニベロ を通じお話しさせて頂き大変有意義な時間を過ごさせて頂きました

今回 イベントにご来場頂きました皆様本当に有難う御座いました

併せて SCM様を始めメーカー担当者様や各関係者の皆様に感謝申し上げます

ではでは
店舗情報 | Comments(2) | Trackbacks(-)